Skip to content

出産費用をキャッシングで用意しました

初めての赤ちゃんを授かるときにキャッシングをしました。内容は分娩するのに四十万くらいの費用だと思いますが、出産月より早めの入院になりました。私は妻が心配でしたが、お金もまた同じように心配で、結婚をしたばかりの二人に貯金も全くありませんでした。保険診療外での費用が高額となり15日間の退院費用を見ると実費が七十万近くになってました。支払いをしなければバーコードリングを外して退院できないので、窓口で相談しましたが、後々面倒そうだったのでキャッシングすることにしたんです。以前から利用していたキャッシングだったので限度額も百万円まであったので全て借りることにしました。それから出産費、高額療養費などをすぐにキャッシングに回して返済を減らしました。

友人などしはしづらい話題

キャッシングのイメージは未だに良くないものが多くて、友人などにしづらい話題だと思います。でもどうしてもお金がないときなど、本当は友人からお金を借りてもいいんだけどそれで縁が切れてしまうのも勿体ないしなぁというときにキャッシングを利用しています。私が利用する際気にしているのは、自宅の近くからでも返済できるかどうかです。キャッシングの機械が自宅の近くにないと、適当な性格の私は「後日返せばいいか」と放置してしまう悪い癖があるのです。ですのでコンビニから返済することができる会社をいつも使っています。そうすることにより、今まで返済を忘れて催促されていたことがよくあったのですが、その回数が激減しました。思い出したらすぐに返済にいけるところが利用しやすいです。

キャッシングは使い方次第

学生の頃ですが、親に仕送りをしてもらいながらの生活を送っていました。その頃は、その有り難味を感じることもなく遊びに使ったりしていましたが、月の計算もしないまま使うので、足らなくことが多かったです。とりあえずアルバイトしなければと、高収入のアルバイトばかりしていましたが、お金を持てば使うような生活でした。それでまったくお金が無くなったときキャッシングを覚えたのですが、簡単に借りられることで50万円も借金を作ってしまい、それが親にバレて凄く怒られたことを覚えています。私の場合、計画性のまったくないキャッシングをしていましたが、キャッシングは、使い方次第だと今では思います。本当に苦しいときに一時的に借りるようにしないと、後が辛くなるだけです。

急にお金が必要になったらスピードキャッシングが一番便利

キャッシングは気軽に借り入れできて本当に便利です。先日友人から急にお金を貸してくれないかと相談されました。でも自分も給料日前で手持ちがなかったので、即日融資に申し込んでみたらどうかとアドバイスしてみました。すると友人はさっそく自宅からネット申し込みをして、無事その日のうちにすぐにお金を借り入れすることができて、事なきを得ました。即日融資の申し込みは、パソコンやスマホで24時間365日いつでもできます。Web審査も驚くほど早くて最短30分でできます。友人の場合は自宅のパソコンで申し込んでから1時間ほどで審査結果を電話で知らせて貰えたそうです。友人はその日のうちに20万円必要でした。スピードキャッシングの申し込みでは、限度額50万円以下なら運転免許証や保険証などの本人確認書があれば契約できます。そのため友人も運転免許証1枚で契約できました。もちろん保証人や担保なども全く必要ないので、あっけないほど手続きが簡単だったそうです。ただ利用限度額が50万円を超える場合は収入証明の提出が必要となります。なので高額の借り入れを希望する人の場合は書類が揃うようにきちんと準備することが大事でしょう。友人の場合は希望限度額が少なかったため提出書類も少なくて、本当に短時間でスムーズに即日融資の契約ができたそうです。

消費者金融でキャッシング

もし生活費に困ったときは、消費者金融でキャッシングすることも考えなくてはいけなくなるかもしれません。消費者金融と言えば金利が高く、借金返済することが大変というイメージかもしれません。しかし、大手消費者金融の場合だとそこまで金利も高くはありません。もちろんヤミ金などの違法な消費者金融であれば、かなりの不当な額の金利を請求されるかもしれませんが、ちゃんとした名前の通ったところだと、そんなことはありません。アイフルやアコムなどの有名な消費者金融でお金を借りるのも悪くはないかもしれないです。もし生活費に困り、お金が必要な場合には消費者金融でキャッシングを考えてみてもいいかもしれません。その際に借りすぎないように注意は必要です。

インターネットで借りるよりATMからの方がお得かも

やはりいざという時に頼りになるのがキャッシングです。キャッシングでも色々な所から借り入れが可能ですが、一番手っとり早いのがクレジットカード会社でしょうか。銀行のATM からクレジットカードを挿入して引き落とすこともキャッシング。また、インターネットのクレジット会社で予めID等を登録していればパソコンから銀行口座へ振込も可能です。私はこちらの方がやっかいかなと感じます。以前3万円程その操作をしたことがあるのですが、なぜか返却がリボ払いのように1カ月に1万円プラス利子です。利子を支払うことは本当に勿体馬鹿らしく感じました。でもその時はどうしても必要だったために借りてしまったのですが。ATM で引き落とした時は、確か返却方法が一括かリボ払いで選択が可能だったと思いますので、次回もし借りる必要がある場合は、インターネットからではなくATM で借りたいと思います。いずれにせよ本当は借りないことが一番良いのですが。

悪天候の時のキャッシングは要注意

最近は異常気象が増えてきて、全国各地でゲリラ豪雨や突風なども珍しくはなくなってきました。とにかく、悪天候の際は事故などには気を付けなければなりません。しかしキャッシングが必要になる時というものは、好天の時だけではありません。時には悪天候であっても、キャッシングで借り入れをするために、ATMへ駈け込まなければならなくなることもあるものです。そんな悪天候の時のキャッシングは、さっさと用事を済ませようと慌ててはいけません。慌てるとカードやお金を忘れたり落としたりする危険があります。実は私にもそんな経験があります。借り入れホヤホヤの大切なお金を、封筒ごと水たまりに落っことしてしまったことがあるのです。雨風が強い時には、キャッシングも要注意です。

旦那にキャッシングをさせられて

旦那が多額の借金を作ってしまい、それで借金をしなければいけなくなりました。最初は旦那がキャッシングをしていたのですが、借りられるところが無くなり、それで私が借りることになったのですが、実際にどれくらいの借金があったのかは把握していませんでした。個人的に思ったことは、本当に借金をしていたのか?まさかとは思いますが、それくらい夫婦間での関係が冷め切ってしまっていたのかもしれません。はじめの頃は助け合うことを念頭に置いていたのですが、疑心暗鬼になり離婚を私から切り出し別の道を歩むことになりました。私がキャッシングで借りたお金は150万円でしたが、これは自分が借りたと言うことで私自身が8年に渡り返済を続け、やっと返済することができました。

足りない分をキャッシングで賄いました

私は今現在、就職活動中の身であり、アルバイトをしながら生計を立てております。現在の収入は15万ほどですが、どうしても車が欲しく中古車を購入しようかと考え乗りやすさや、程度も良さそうだったので諸経費を含め自賠責や自動車税などをトータルすると60万くらいになりました。50万を想定していたので少し足らず、中古車ショップでのローンもあったのですが、どうせなら何とかしたいと思って以前から使っていたキャッシングでお金を借りることにしたんです。不足分を賄い何とか購入にたどり着きましたが、やはり生活が少し苦しくなってしまい、毎月の返済額を差し引いて厳しい部分もあります。だけど車を購入したことで、体への負担などは解消されたので、それを含めた考え方をすればやキャッシングしたことも気にせずに居られます。

金利が安くなりキャッシングをまた活用しています

私の仕事は自営業をしているのですが、浮き沈みが激しい職業でもあります。なので昔からキャッシングを利用することがありましたが、当時はまだ金利が20%と高かったので、とても苦しい思いをしながら返済をしていたことを覚えています。それからはできるだけキャッシングをせずに乗り切ってきましたが、さすがに厳しくなり始めた頃キャッシングをしようかどうかをとても悩みました。また苦しい思いをするのではと思ったのですが、最近では金利も低くなり支払う利息が大幅に減り始めたので、借りるようになりました。自分が体験して思ったことは、まず金利をどれくらい払っているのかちゃんと把握しておくことと計画性を立てておくことは大事です。