なんと言っても頼りになるキャッシング

毎月毎月の生活が厳しい時、やっぱり頼ってしまうのがキャッシング、ネガティブなイメージを持っている人もいますが、用途さえきちんとしていれば給料日前の大きな味方となります。私が所持しているカードのキャッシングげんどがく10万円、増額の話は何度もいただいていますが正直これ以上増額する気にはなれません。私がキャッシングのお世話になるのは給料日前、毎月ではありませんが出費がかさむときと言うのがどうしてもあるので、そんな時に利用しています。ちなみに毎月と言う訳でもなく、必要な金額だけれど借りて必要な金額を返す、そんな感じです。急な出費にもキャッシングを利用するときはあります、そんな時は分割で返済します。キャッシングは私が生活していく上でやっぱり大きな存在となっています。

キャッシングに関する基本知識

キャッシングとは、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口やATMからお金を借りることが出来るサービスの事です。キャッシングを利用する為には事前に審査を受け、カードを作っておく必要があります。審査は主に年齢や収入、現在のローン、クレジットカードの利用状況などを元に判断されます。キャッシングの返済方法は「翌月一括払い」が一般的で翌月の返済日までに、借入れた金額に加え利息分を追加した金額を、消費者金融に返済するという方法です。キャッシングをはじめて利用する方には金利がかからない「無利息キャッシング」やスピード審査による「即日融資」が利用出来る会社がおすすめです。アコムやプロミスなどのキャッシング会社は大手で知名度も高く、はじめて利用する人にもおすすめの会社です。

主婦の人が借りるためには色々な条件も

キャッシングというのは総量規制が存在しますので、利用するためには収入が絶対に必要となります。実は主婦の方がキャッシングを利用できないことも結構あるため、この条件を知っておかなければならないのです。総量規制によって収入のない方がキャッシングを利用することが出来なくなり、これが主婦の利用を阻害していることも多いのです。
利用するためにはある程度の収入を持っていればいいのですが、専業主婦の方は利用するのが難しくなります。旦那が収入を持っているからという理由は総量規制の前には通用しないので、場合によってはカードローンを利用した方がいいかもしれません。銀行のカードローンならキャッシング感覚で利用出来るものもあるので、もしかしたら旦那の収入で利用可能となる場合があります。キャッシング会社を利用するなら色々と考えることになるでしょう。
割と利用しやすい会社も増えているのですが、やはり主婦の方が利用して安心出来るような状態というのは作られていないように思います。総量規制のかかっている貸金業者を利用する場合は、自分の収入を確保することを考えてほしいです。それが出来ないならキャッシングと同じような利用が出来る銀行カードローンを狙ってみるといいでしょう。これなら旦那の収入で利用可能となります。

手軽にキャッシングした代償

とりあえずキャッシングして買い物をする。クレジットカードでもキャッシングできるし、上限20万円ぐらいなら簡単にカードが作れます。カードを作って使ってみると意外に簡単にお金が出てきて買い物ができるように感じます。。来月に返せばいいと思うんですが、返したあとの金額では生活ができなくなりまた借りてしまう。その借りたお金にプラスして、好きなものを購入するお金まで借りてしまう。そうすると、だんだん返済する金額と利息が増えていき、いつまでたっても返済できない状況が続きます。キャッシングするということは借金するのと同じです。借金があるというだけで精神的にストレスになることを考えて、慎重にお金を借り使ってほしいと思います。

金欠時の最終手段にキャッシングを頼る

これまでも何回か金欠になった経験はあります。しかし、今回の金欠は対処するのが厳しい状況でした。売れる物はほとんど売り払っており、貯蓄の残高は数円です。また、手持ちも小銭しかなかったです。人生で最大の金欠に直面し、仕方なくお金を借りることにしました。私が選んだのは、人からではなく消費者金融でのキャッシングです。人にお金を貸して欲しいと頼むのは嫌だったので、理由の説明は不要な上、当日中や翌日など、借り入れまでのスピードに期待してキャッシングを決意しました。キャッシングは、金欠時の最終手段として非常に魅力的です。しかし、メリットが多いだけあって金利は高いです。それでも、金利の高さを上回るメリットだと感じましたし、私が借りたのは数万円なので、利息はそこまで負担に感じなかったです。

キャッシングの即日融資はスグに借り入れできて便利

日常生活の中では支払期限日を忘れていたり、会社の飲み会の予定が入ったり、事故を起こしたりして急な出費に迫られる場合があります。どうしても今日中にお金が必要なのに、給料日前で手持ちがないときは本当に困ってしまいます。そんな時に頼りになるのがキャッシングの即日融資です。大手の有名キャッシング会社に申し込めば短時間で気軽に即日融資を受けることが可能です。基本的に平日の午後2時までに契約手続きを完了すれば大丈夫です。早く契約するためには、パソコンやスマホで24時間いつでも受付できるネット申し込みが便利です。最近のWeb審査は、属性スコアリングシステムの導入によってスピーディに審査できます。最短30分程度で審査結果を通知して貰うことも可能です。午前中にWeb審査を済ませて置けば、午後スグに契約完了できて余裕で即日融資が受けられます。即日融資の手続きをスムーズに進めるためには、保険証やパスポートや免許証等の本人確認書を準備しておくとよいでしょう。またなるべく審査に通りやすくするには、必要最小限の希望限度額で申し込むのがコツです。特に限度額50万円以下の場合なら、収入証明の提出が不要となります。そのため本人確認書として運転免許証が1枚あれば契約できます。必要な時にスグに借り入れできる即日融資は、イザというときに本当に助かります。

銀行のカードローンと消費者金融の特徴

キャッシングを利用する時は主に銀行のカードローンか消費者金融のどちらかを選択する事になります。銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されているので返済に負担がかからないというメリットがあります。しかし審査を慎重にする傾向があるので融資可能になるまで少し時間がかかってしまう事が多いです。そのためすぐお金を借りたいという人はあまり向いていません。消費者金融は即日融資に対応しているのでお金をすぐ借りる事が出来ます。しかし金利が高く設定されていて総量規制の対象になってしまうので、収入に見合った借り入れをする必要があります。しかも金利が高く設定されているので早めの返済を心掛ける必要があります。そのため多額の借り入れを希望する人はあまり向いていません。

厳しいときにキャッシングで難を逃れました

私は結婚してから仕事も順調、どちらかと言えば生活も安定して何の問題も無く日々を過ごしていました。ただ私は自営業ということもあり、仕事は不安定なときもあったんです。そんなときあまりの暇さから収入が激減してしまった時期があり、そのときはだいたい3ヶ月ほど暇になりました。持って帰る給料も今までよりも減ってしまったことを言えずそのままキャッシングをすることを選びましたが、実際にキャッシングをしたときはハラハラした気分でした。キャッシングは前に少し使ったことがある程度でしたが、お金を借りることができ何とか厳しい自体をクリアすることができました。その後はちょっとづつではありますが、バレないように返済を続けています。

支払い日に現金がない時

私は以前、買い物でクレジットカードを使っていました。しかし、転職をして給料日が遅くなったことで、さまざまな支払いが間に合わなくなってしまいました。職場に給料日を早めてもらえないかと交渉しましたが、やはり無理な話でした。そこでいろいろ打開策を考えたのですが、新しい仕事を覚えていくのが精一杯で金策を考える余裕がありませんでした。それでも支払日は着実にやってきます。仕方がないのでクレジットカードのキャッシング機能を始めて使うことにしました。おかげで支払いも無事に終わり、督促を受けることもなく、なんとか生活をしていくことができました。お金に関することは予想外の事態が起こることもあります。そのような時にキャッシングは非常に便利だと感じました。

キャッシングの体験談

6年前から昨年まで、JCBクレジットカードのキャッシングを使用していました。上限は10万円で、返済は1回1万円と使いやすい範囲内での使用のため、急な出費が重なったりした時などに助けられました。また、銀行ATMだけでなく、全国ほぼ全てのコンビニATMでも使用可能で、金利も高くないため無理な返済に繋がることはなかったです。また、審査も簡単で、クレジットカードを持てる方なら間違いなく審査は通りますし、計画的に使っていれば、JCBのサイトから簡単に上限を増やすこともできます。計画的に賢く使えば、利用した分だけクレジットカード内にポイントも貯まりキャッシュバックもありますので、キャッシングを考えている方にはお勧めです。